専業主婦の借入れ

専業主婦の借入れ

年収の3分の1までしか借りれない法律「総量規制」が深く関係してくるのが、どこにも勤めていない、つまり年収が0である専業主婦の方々のカードローン利用です。

パートもしていない完全な専業主婦で個人的な収入が0円の場合、配偶者が多くの収入を得ていても、法律的には「無収入者」という扱いにされてしまい、総量規制の対象になる消費者金融が提供している無担保カードローンは利用できません。実際には、総量規制の例外として、配偶者などの収入がある場合は総量規制も対象外になるという記載もあるのですが、貸金業法の適用される消費者金融は、例外を使わず収入0円の方には融資をしないという方針をとっているところが多いのです。

専業主婦でも利用できるカードローン

専業主婦の方で、どうしても自分個人でカードローンを利用したい場合は、自分の収入を証明できるように、短期間であってもアルバイトやパートで働くなどの方法も一考の余地があります。パートなどで収入があれば、カードローンを利用することができるからです。

ほかの方法としては、総量規制が規定されている貸金業法が適用されない銀行のカードローンを利用する方法もあります。信販系や消費者金融系のカードローンは残念ながら利用不可ですが、総量規制が適用されない銀行系のカードローンでは専業主婦の方でも作れるカードがあります。ただし、ローンの融資枠は30万円~50万円くらいで大口融資とはいきませんが、専業主婦で収入がない方でも、配偶者の同意と配偶者の年収証明などがあれば融資をしてもらうことが可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です