総量規制とは?

総量規制とは

総量規制とは、2010年6月18日に完全施行された改正賃金業法で導入されたもので、年収の1/3以上の借り入れができなくなるというものです。規制の対象は、消費者金融、信販会社、クレジット会社、事業者金融会社などの貸金業者からの借り入れになります。

総量規制とは

総量規制は貸金業法の改正で設定されましたが、目的は多重債務者を出さないことです。以前は、年収に見合わない借り入れをする人が多く、特にヤミ金などからの借り入れを増やしてしまう人が多かったのです。そのため、年収の3分の1という基準を設けて多重債務者や破産者を出さないように法律を改正したのです。この改正の効果もあり、徐々に破産者の割合は減ってきています。

銀行カードローンは、総量規制の対象外

総量規制というのは、貸金業法という法律に則った制度です。貸金業法の適用になる業種は消費者向け貸金業者(有担保と無担保の双方)、住宅向け貸金業者、事業者向け貸金業者、手形割引業者、クレジットカード会社、信販会社、質屋、日賦貸金業者、リース会社などで、銀行は銀行法の適用がされるため、貸金業法の制度に縛られることはないのです。そのため、銀行からの借り入れは総量規制の対象外になるので、年収の1/3以上の借り入れをすることも可能です。年収の3分の1以上の借り入れが必要な場合は、銀行カードローンを検討すれば、総量規制に引っ掛からず借り入れを行うことができます。

また、ここで注意しなくてはいけないのは、銀行からの借り入れとはすなわち「銀行本体からの借り入れを指す」ということです。アコムやプロミスなどの銀行のグループ会社である消費者金融は総量規制の対象ですので注意が必要です。

消費者金融のCMなどでは信頼性を増やすために、CMなどでは親会社の銀行の名前を前面に出すものも増えているため、で申込む前に確認しましょう。

また、銀行の貸し出しは限度額が高く、金利も低いので魅力的なのですが、年収による申込み制限があったり、審査が他に比べて厳しいため、利用する際はそのこともしっかり頭に入れておきましょう。

その他住宅ローン、自動車ローン、医療費ローンなども総量規制の対象外となります。

さらに詳しい総量規制の情報はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です