カードローンのトラブル相談2

カードローンのトラブル相談2

消費者金融等、貸金業者からの借入れでのトラブルは年々増えています。2010年時点の自己破産する人の数は10万人以上、法人の破産事例も1万件を超えているといわれています。借入や債務のトラブルで相談できる窓口は公的機関だけでもかなりの数用意されています。悩まずにすぐに相談することが必要です。

金融関連機関の相談窓口

金融庁

金融取引に関するさまざまな情報や注意が必要な情報がホームページより配信されています。貸金業者の登録確認や債務に関する知識、情報などが豊富で、子供向けにわかりやすく解説された金融取引の基礎知識のコーナーもあります。
※債務に関する相談は、平日のみ電話やファックスで専門の相談員が受付けています。
また、サイト内で過去の相談事例の閲覧もできます。

日本貸金業協会(JFSA)

消費者金融業者、クレジットカード会社等、貸金業を営む業者のおよそ半数が加入する貸金業界の自主規制機関です。貸付等に関する自主ルールを法律に則って定め、加入業者を厳しく監督するとともに、悪質業者に関する情報の提供や貸金業界にまつわる情報配信を行い、債務者のための相談窓口も設けています。
※債務に関する相談や貸金業者へのクレーム等を、平日のみ電話で受付けています。

財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCA)

日弁連や各地域の弁護士会の協力により、多重債務者が生活を立て直すためのカウンセリングや多重債務に陥らないクレジットの利用法など、債務問題を抱える人が増えることを防ぐための活動をしている団体です。
全国に7箇所のセンターがあり、平日のみ面談での相談を受付けています(要事前予約)。

全国銀行協会(全銀協)

銀行業務の円滑化を図るとともに、銀行が提供するサービスや金融商品に関する問合せや相談を受付けています。また、全国の銀行を会員とする個人信用情報機関も運営しています。
※多重債務問題に関するカウンセンリグも行っています。
東京は平日のみ電話と面談を受付け、大阪は毎週水曜面談のみの受付です。

社団法人日本クレジット協会

公正なクレジット取引とクレジット業者の適正な運営を守り、消費生活の向上とクレジット業界の発展を目的に設立された組織です。
消費者に対し、クレジットの基礎知識や関連法律等の情報の提供もしています。
※クジレット取引に関する苦情や相談を、平日のみ消費生活アドバイザーが電話で受付けています。

日本消費者金融協会(JCFA)

消費者金融業者で構成される業界団体です。自主ルールでの業務規制や消費者に対する教育普及活動等、消費者保護と救済のための活動を行っています。
悪徳金融業者の手口や、トラブルが報告された業者情報等も公開されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です