学生ローン・学費ローン比較

学生ローン・学費ローン比較

ここでは大学などの学費や教材の購入費などに利用できる学生ローン・学費ローンを紹介します。

学生ローン・学費ローンとは

学生ローン・学費ローンとは、短期大学、大学、大学院、各種専門学校などの入学金や授業料や海外留学の費用のために利用できるローンのことを言います。

教育ローンとの違いは、安定した収入のある学生本人が利用できるという点です。教育ローンの場合は、親が子供の学費のために銀行から借りられるローンという位置づけですが、学生ローン・学費ローンは安定した収入のある学生本人が自分の学費を借りるためのローンなのです。

学生ローン・学費ローンには二つの種類がある。

学生ローン・学費ローンには、大きく分けて2つの種類があります。学費専門の学生ローンと学費などに利用すること可能なカードローンの2種類です。

学生ローン・学費ローンとして教育資金利用が可能なカードローンの比較

項目学費専門の学生ローン学費などに利用すること可能なカードローン
利用用途入学金や授業料や海外留学の費用事業性資金以外は自由。教育資金も可能
担保・保証人不要不要
金利12%~18.0%4.5%~18.0%
契約期間3年間最長15年
申込書類学生証
免許証
本人確認書類
※50万円を超えると収入証明が必要な場合がある
申込条件例安定した収入のある学生融資実行時満20歳以上で完済時60歳以下の方
安定した収入がある方
パート、アルバイト、契約社員、派遣社員も借り入れ可能
ローンによって、専業主婦も借り入れ可能
審査普通普通
限度額上限30万円~50万円1000万円
融資条件授業料は1年分までの借入などの条件がある場合がある。銀行以外の場合は、総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れはできない。

学生ローン・学費ローンよりも、学費利用可能なカードローンを選ぶ方が増えている。

学生ローンや学費ローンは一時期人気があったローンのひとつなのですが、学生ローン・学費ローンを提供している貸金業者は、中小零細企業であり、闇金であるかどうかの見極めが非常に難しいというリスクがあり、年々利用者が減っているのです。

とくにカードローンが普及してから、同じ安定した収入のある学生であれば、金利が低い、限度額が大きい、大手企業が運営している、カードローンを選択するのは当然と言って良いでしょう。

コンビニ返済、スマフォでの借入、即日融資など利便性の面でも、学生ローンはカードローンに勝ち目がないのです。

学生の方が学費などを借りるローンを検討するのであれば、カードローンをおすすめします。ただし、奨学金などの制度を活用したうえで、足りない分をカードローンで利用しましょう。

学生ローン・学費ローンとして学費利用が可能なカードローン

{article 16}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です