慰謝料ローン比較

慰謝料ローン比較

ここでは費などに利用できる慰謝料ローンを紹介します。

慰謝料ローンとは

慰謝料ローンとは、離婚費用である慰謝料、財産分与資金、裁判費用、養育費などに利用できるローンで、離婚ローンという呼ばれ方もしています。

慰謝料ローンには二つの種類がある。

慰謝料ローンには、大きく分けて2つの種類があります。慰謝料ローン専門のローンと離婚費用である慰謝料、財産分与資金、裁判費用、養育費などに利用が可能なカードローンの2種類です。

慰謝料ローンとして教育資金利用が可能なカードローンの比較

項目慰謝料ローン慰謝料ローン・離婚費用利用が可能なカードローン
利用用途離婚費用である慰謝料、財産分与資金、裁判費用、養育費事業性資金以外は自由。離婚費用である慰謝料、財産分与資金、裁判費用、養育費利用も可能
担保・保証人不要不要
金利6%~10%3.5%~14.5%
申込書類収入(所得)証明書(源泉徴収票、公的所得証明書など)
本人確認書類
「離婚に関連する支払内容が記載された公正証書」等、所定の資金使途確認資料(写し)
ご印鑑
本人確認書類
※100万円以上など収入証明が必要な場合がある
申込条件例融資実行時満20歳以上で完済時60歳以下の方
前年の税込み年収200万円以上
※自営業者・会社代表者の方、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトの方はお申込みいただけません。
融資実行時満20歳以上で完済時60歳以下の方
安定した収入がある方
パート、アルバイト、契約社員、派遣社員も借り入れ可能
ローンによって、専業主婦も借り入れ可能
審査厳しい慰謝料ローンよりは緩い
限度額上限500万円1000万円
融資条件銀行以外の場合は、総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れはできない。

慰謝料ローンよりも、慰謝料ローン・離婚費用利用が可能なカードローンを選ぶ方が増えている。

実際には、慰謝料ローンというローン商品を用意している銀行や消費者金融は非常に少ないのです。そのため、使途自由のカードローンやフリーローンを慰謝料の支払い目的で利用するのが一般的です。

特に慰謝料ローンを利用すると、離婚の形態によって用意する書類も多岐にわたり、公正証書、調停調書、判確定証明書 、判決確定証明書または和解調書 、弁護士費用の見積書、請求書など、手間もかかるし、金利もそれほど低金利ではないということからカードローンを利用する方が多いのです。

慰謝料ローンとして慰謝料ローン・離婚費用利用が可能なカードローン

{article 26}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です