旅行ローン・トラベルローン比較

旅行ローン・トラベルローン比較

ここでは卒業旅行や海外旅行などに利用できる旅行ローン・トラベルローンを紹介します。

旅行ローン・トラベルローンとは

旅行ローン・トラベルローンとは、旅行に関する費用(国内、海外旅行に伴う諸費用)、交通機関に関わる費用、宿泊費用、パック旅行費用のために利用できるローンのことを言います。

旅行ローン・トラベルローンには二つの種類がある。

旅行ローン・トラベルローンには、大きく分けて2つの種類があります。旅行ローン・トラベルローン専門のローンと旅行資金利用が可能なカードローンの2種類です。

旅行ローン・トラベルローンとして旅行資金利用が可能なカードローンの比較

項目旅行ローン・トラベルローン旅行資金利用が可能なカードローン
利用用途旅行に関する費用(国内、海外旅行に伴う諸費用)、交通機関に関わる費用、宿泊費用、パック旅行費用事業性資金以外は自由。旅行資金も可能
担保・保証人不要不要
金利10%~12%3.5%~14.5%
申込書類本人確認書類
収入証明書(源泉徴収票・課税証明書・給与明細書)
見積書・請求書・予約確認書など金額が確認できる書類の写し
①支払先②金額③支払対象者名④利用目的⑤作成日の全てが記載されているもの
印鑑証明書
本人確認書類
※100万円以上など収入証明が必要な場合がある
申込条件例融資実行時満20歳以上で完済時60歳以下の方
仕事に就いており毎月安定した定期収入のある方
前年の税込み年収300万円以上
保証会社の審査が通る方
融資実行時満20歳以上で完済時69歳以下の方
安定した収入がある方
パート、アルバイト、契約社員、派遣社員も借り入れ可能
ローンによって、専業主婦も借り入れ可能
審査厳しい旅行ローン・トラベルローンりは緩い
限度額上限100万円1000万円
融資条件融資から1か月以内に支払済確認書類を提出する銀行以外の場合は、総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れはできない。

旅行ローン・トラベルローンよりも、旅行資金利用可能なカードローンを選ぶ方が増えている。

上記の通りで、旅行ローン・トラベルローンの場合は、金利もそれほどカードローンに比較して低いわけでもなく、用途は旅行資金に限られてしまうデメリットがある。

特に安定した職業についており、年収300万円以上というハードルがあるため、大学生などが卒業旅行で利用しようとしても、申込条件に達しない。

そのため、金利も低い可能性があり、審査条件が緩いカードローンに人気が集まっているのである。提出書類も、旅行費用の見積もりや領収書を事細かに提出する必要はなく、即日融資も可能であるためカードローンの方が簡単で便利なのである。しかも、金利が抜群に低いわけでもないため、カードローン利用のデメリットがない状態になっている。

ちなみに、クレジットカードによる海外キャッシングを利用するぐらいならカードローンの方が金利が低く済むことも覚えておいた方が良い。クレジットカードによる海外キャッシングの場合は、金利が18%前後であることも多いのである。

旅行ローン・トラベルローンとして旅行資金利用可能なカードローン

{article 26}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です