みずほ銀行、スマートフォン向けバンキングにカードローン追加

みずほ銀行、スマートフォン向けバンキングにカードローン追加

2012/10/31 マイナビニュース

 みずほ銀行は28日、みずほダイレクト「スマートフォン向けバンキング」をレベルアップし、投資信託とカードローンの取引メニューを新たに追加した。

 投資信託のスマートフォン向けバンキング対応により、手持ちのスマートフォンから投資信託の購入や積立投信の申し込みなどの取引が簡単にできるようになったという。また、借入や随時の返済などカードローンのメニューも利用できるようになった。スマートフォン向けバンキングに、投資信託とカードローンの取引メニューを追加したのは、同行の調べでは(10月26日時点)はメガバンク初とのこと。

カードローンサービス内容

・借入
・随時返済
・借入残高照会
・取引履歴照会

投資信託・カードローンの利用方法

1 手持ちのスマートフォンから、みずほ銀行ホームページのスマートフォン専用サイトにアクセス

2 「みずほダイレクト ログイン」をタップし、お客さま番号、ログインパスワードなどを入力してログイン

3 みずほダイレクトのメニューボタンをタップし、「投資信託」もしくは「カードローン」を選択

 同行は、顧客に「いつでも」、「どこでも」、「ベンリに」、「たのしく」、金融サービスを利用してもらえるよう、『スマートフォン向けサービス提供力No.1』を目標に、スマートフォンを通じたサービス提供を積極的に取り組んでいる。「スマートフォン向けバンキング」の利用者数はすでに40万人を突破し、「みずほ銀行アプリ」や「ATM・店舗検索アプリ」も、各々10万件ダウンロードされるなど、サービス開始2年弱で、多くの顧客にスマートフォンを通じて、同行のサービスを利用してもらえているという。

また、スマートフォン向けアプリの分野では、モバイルコンピューティングの普及促進団体「MCPC」から、金融業界で唯一、2年連続で「MCPC award 奨励賞」を受賞するなど、日本のモバイル・スマートフォン市場の拡大にも取り組んでいる。

カードローン比較ラボ編集部コメント

 メガバンクの中では、特にネットバンキングに力を入れているみずほ銀行カードローンのネットバンキングスマフォ対応のニュースである。当サイトでもスマフォからの閲覧は20%を超え、カードローンの利用者はスマフォや携帯での利用が多いということがわかっている。その中では、スマフォでのカードローン利用が可能になったのは非常に大きい利便性を生むのではないだろうか。

 銀行カードローンのスピードアップも、これを契機に早まると期待できる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です