カードローンが変動金利になるかも?

カードローンが変動金利になるかも?

カードローンに関する民法の改正も、実はいろいろなところで議論が取り交わされています。カードローン業者の公的機関である日本貸金業界が法務省民事局参事官室へ提出した、民法改正に関する意見の中ではカードローンの法定利率の変動金利制の採用が取り上げられていました。近い将来、カードローンも変動金利になる可能性もあるのです。

そもそも、カードローンの金利は何金利タイプ?

カードローンの金利は、借入時の金利が完済まで採用される固定金利タイプが採用されることがほとんどです。一部のカードローンでは変動金利が採用されているものもありますが、大手のカードローンであれば、基本的には固定金利タイプなのです。

今回の意見書は、法定利率が変動金利であるべきだ。という論点で意見がされています。今は、利息制限法による法定利率は、最大18%と固定の金利上限が設定されています。

カードローンの法定利率が変動すると、何がいいの?

銀行や金融機関というのは、低い金利でお金を調達して、高い金利でお金を貸すと、その利ざやが収益になるビジネスモデルです。調達する方の金利は、景気によって大きく変動するのです。銀行であれば、日銀からお金を調達するのですが、これを政策金利といいます。この政策金利は、不況だと低い金利に好景気の時は高い金利に設定されます。

今は、不況で政策金利が低いから、住宅ローンの金利も低くなっているのです。

銀行や金融機関にとって、貸すときの金利が一定なのに、調達する方の金利だけ変動してしまうと、調達金利が上昇すると収益が減ってしまうため、貸すときの金利を高めに設定せざるを得ないのです。

もし仮に、利息制限法の法定利率も、この景気に左右される「政策金利+○」%までと変動する形で設定されるのであれば、必然的にカードローンの金利も変動するけれども低金利で提供できる可能性があるのです。

住宅ローンでも、変動金利と固定金利では、変動金利の方が1%以上金利が低いため、カードローンの法定利率が変動金利になれば、カードローンの金利も変動金利が採用され、今までよりは低金利で利用できる。

となっても、おかしくはないのです。

今や、残高リボルビング返済が主流であるため、毎月の返済額は残高によって変わるようになっています。それであれば、多少金利が変動して、返済額も毎月変わったとしてもあまり影響はなく、それよりは金利が低い方がいいという方が多いのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です