グレーゾーン金利復活か?カードローン金利が上がる?自民党金利規制緩和検討

グレーゾーン金利復活か?カードローン金利が上がる?自民党金利規制緩和検討

カードローンを利用している方には「朗報なのか?そうでないのか?」判断が難しいニュースですが、自民党がカードローンなどの貸付金利の上限金利を現行の20%から29.2%に戻すことを検討しているということです。

元々、2010年に貸金業法が改正されるまでは、利息制限法では上限金利が20%、罰則規定のある出資法がでは上限金利が29.2%に制限されていたため、この20%~29.2%の罰則がないラインをグレーゾーン金利として消費者金融は顧客に無担保個人向ローンを提供していたのです。

これが2010年に貸金業法の改正が実行されて、グレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法の上限金利20%までに制限されることになったのです。

今回、金利規制の緩和を自民党が検討している背景には、上限金利が引き下げられたため、当然カードローンを提供している金融機関は審査を厳しくせざるを得なかったのです。その結果、以前の29.2%なら審査に通っていた方が、結果お金を借りることができなくなってしまったため、闇金に流れてしまうという状況が起きているのです。

当然、個人だけでなく、中小零細企業も同様に、一時的な運転資金の調達が難しくなっていると言えます。

安倍政権としては、企業活動の活発化が景気上昇のための大きなポイントになると考えているため、中小零細企業や個人事業主が資金調達をしやすい状況に戻して、経済の活性化を実現したいと考えているのです。

現状では、悪質業者を排除するために、各財務局の認可を受けた貸金業者に限定し、金利規制を緩和する仕組みを検討しているとのこと。

実際に、上限金利を20%にしてから、多重債務者が減ったという事実があることからも、慎重論は少なくありませんが、いくつかの制限を設けながら法改正が実現する可能性は高いと考えられています。

カードローン利用者にとって、上限金利の拡大はプラスか?マイナスか?

カードローン利用者にとっては、この上限金利の拡大はプラスの面も、マイナスの面もあります。

当然、上限金利が引き上げられれば審査が通りやすくなるため、現状消費者金融でも申し込みから融資実行の割合は約3割というところですが、これが大幅に増えることになります。審査が通りやすくなるのです。

一方、すでに銀行カードローンの金利は上限金利は14~15%と利息上限とは関係ない金利に設定されているため、影響はほとんどない形になります。

カードローンの金利平均

一部、18%ギリギリの審査ラインだった方が、消費者金融のカードローンを利用する際に審査は通るけど、今までよりは少し高めの金利20%前後になってしまうデメリットなども想定されます。

また、カードローンではありませんが、クレジットカードのキャッシング金利は金利自体が注目されていないため、いつの間にか29.2%の金利設定になっている可能性があるのです。

総合的に見て、審査が問題ない方にとっては影響がなく、審査が落ちて借りられない方にはプラスに働くのがこの規制緩和だと言えるでしょう。

過払い金返還請求などで多額の損失を出した、大手消費者金融各社もこのニュースができてから株価はストップ高が続いているような状況です。企業にとっても、貸金業者にとっても、プラスになるニュースと言えるでしょう。

規制緩和とともに闇金の取り締まり強化は徹底してほしいところです。今後の動向に注目です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です