貸付平均金額の推移

貸付平均金額の推移

 カードローンやキャッシングで一回に貸してもらえる金額はいくらが相場なのでしょうか?最新の情報から、現状の推移まで調査しました。

 

出典:日本貸金業協会 月次実態調査

考察

 平均すると200万円~300万円というのが1契約あたりの消費者金融の平均貸付額になります。このデータは、日本貸金業協会が約60社の貸金業者に調査したデータから計算したものです。また、昨年対比では、1契約あたりの貸付額が上がっています。利用者にとってみれば、借りるのに追い風といえるでしょう。平均値で250万円というのを目安に、自分の属性がいいと思うのであれば、250万円を超えても借入でき可能性が高まりますし、属性が悪いようであれば、100万円でも厳しいでしょう。あまりに高い希望額を借り入れ時に申請して、審査が厳しくならないように注意しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です