ソニー銀行がカードローン事業の再開

ソニー銀行がカードローン事業の再開

ソニー銀行が個人向けの無担保ローンとして、カードローンの再開をする方針になった。ネット銀行でも、カードローンで出遅れ感の強いソニー銀行だが、収益ラインの住宅ローンの採算性が低くなってきている現状を踏まえて、他の銀行と同様にカードローンに力を入れ始める。

もともと、ソニー銀行は、カードローンを取り扱っていたが、保証会社の保証業務停止に伴い2011年以降は既存顧客へのサービス案内に限定していた。しかし、背景として多くの銀行が新しい収益源としてカードローンを全面に押し出している以上、避けては通れないサービスラインナップとしてカードローンの復活を計画している。

限度額は500万円程度で、保証会社は選定中とのこと。ローン残高を現状の60億から3、4年で倍増の120億円という形にもっていく方針のため、投入初期の段階ではお得度の高いキャンペーンなどが組まれるのではないだろうか。カードローン利用者にとっては選択肢が増えるのはウェルカムである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です