複数のカードローン返済ひとつに

複数のカードローン返済はひとつに

複数の金融機関のカードローンを利用している場合、返済の支払日が月に何度もあったり、引き落とし口座が分散されていたりしてしまいがちです。これは返済管理がしにくく、うっかりミスで残高不足にも気づかず、返済遅延の要因になってしまうことも少なくありません。カードローンは、融資利率や借入のしやすさに目が行ってしまいがちですが「返しやすさ」を重視することも重要です。

複数のカードローンをまとめるのは「おまとめローン」

まず、複数のカードローンの金融機関からの借り入れを一本化することを検討しましょう。

複数に分散されている返済中のカードローンを一本化する方法として「おまとめローン」の利用があげられます。一つの金融機関のローンに一本化することにより、返済日が月一回になり、返済管理もスムーズになります。

おまとめローン利用のメリットは、ローンを借換える際に、条件によっては、現在より低金利での借り入れが可能のため、総返済額を下げられる可能性もあります。また、現在の借入れ状況を把握して、完済までの返済計画を立て直すチャンスにもなります。

おまとめローンは、申込に審査があるため、全ての方が利用できるわけではありませんが、現在の借入れ状況を正確に把握し、返済計画を見直すことは検討すべきです。現状よりも低い金利条件になるのであれば、悩むことはない、お得な方法として検討しましょう。

おまとめローンのデメリットは何?

おまとめローンは、1社に債務をまとめられて、しかも金利が低いといいことづくめのように感じられますが、デメリットはないのでしょうか?

  • おまとめローンは、カードローンと違って、枠の設定がなく新たな借入ができない
  • おまとめローンの審査は意外と厳しい

ということなのです。通常カードローンであれば、設定された枠に余裕があれば、いつでも借りることができるのがメリットです。しかし、おまとめローンは枠の設定というものがなく、まとめた債務の返済に集中することになるのです。そのため、低い金利でも利用することが可能なのです。

また、意外とおまとめローンの審査は厳しいと言われています。特に借入件数が重要になり、3社を超える借入件数がある場合は、なかなか審査が通過しないと言われています。おまとめローンの審査が通らなかった場合には、他社の借入件数を少しずつ整理して3社以内にしてから再度申込みましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です