おまとめ後でも過払い金請求可能

おまとめ後でも過払い金請求可能

<カードローンの利息を貸金業法で定められた利息制限より多い金利18%超で支払っていた方はその超過分を貸金業者から取り返すことができます。これを過払い金返還請求といいます。実は、おまとめローンを利用して、過去のカードローンが完済済みでも、過払い金返還請求は可能なのです。

過払い金返還請求とは

下記の利息制限法の金利以上の利息を支払っていた場合に、それを取り戻すことができる方法のことをいいます。もともと、貸金業法と出資法が2010年6月に改正されるまで、貸金業法と出資法という2つの利息制限があり、刑事罰の対象である出資法では29.2%という利息制限だったため、本来守られるべき下記の利息制限法の利息を超えても刑事罰がないため貸付が行われていたのです。これがグレーゾーン金利というものです。

利息制限法の金利

  • 元本が100,000円未満の場合 年利 20.0%
  • 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年利 18.0%
  • 元本が1,000,000円以上の場合 年利 15.0%

おまとめローンをしてしまった後も過払い金請求はできる

おまとめローンというのは、複数のカードローンの債務をおまとめローンで借りたお金で全額返済し債務を一本化することを意味します。つまり、過去に借りていたカードローンは完済した状態になっているのです。しかし、過払い金返還請求は、取引終了時から10年間立たないと時効になりません。

おまとめローンを現在利用している方は、貸金業法改正がされた2010年6月以前から借入している人も多く、過払い金請求が可能な場合が多いのです。おまとめローンを利用していても、もう一度過払い金請求ができないか、確認してみると良いでしょう。

 債務整理を相談できる司法書士や弁護士はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です