おまとめローンの総量規制

おまとめローンの総量規制

実は、あまり知られていないことなんですが、おまとめローンは総量規制の「例外」にあたるため、ケースによってですが年収の3分の1以上の融資ができることなっています。

おまとめローンは総量規制の対象外

総量規制には、「除外」または「例外」となる融資があります。

除外されるものは、不動産購入のための貸付け(不動産担保ローン、住宅ローンなど)、自動車購入時の自動車担保貸付け(自動車ローン)などの目的ローンは、総量規制の融資額には含まれません。
 
総量規制の「例外」の融資は、「除外」とは異なり、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、金融機関が返済の能力があるかを判断したうえで、融資できるものです。

例外の中には「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があります。

「借り手に一方的に有利になる借り換え」とは、「毎月の返済額や返済総額が少なくなること」を指します。つまり、総量規制の対象の「おまとめローン」でも、低金利ローンに1本化するなどで借り手に一方的に有利な借り換えなら、「例外」として、融資額が年収の3分の1を超えても利用できるということになります。

例えば、アコムは、銀行ではなく消費者金融ですので総量規制の対象となる貸金業者に該当します。ただし、現在借入している金融機関の金利より、アコムの金利の方が低ければ、毎月の返済額や返済総額が少なくなり、「顧客に一方的に有利になる借り換え」にあたるため、アコムへの借り換えは例外的に年収の3分の1を超えている場合でも可能になります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です