あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像type osusume 1
あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像salaryman hatena 336 squ
man
Q.「カードローンっていろんな種類があるけど、多過ぎてどれを選んだら良いのか解らない・・・」
あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像teacher point 336 squ
teacher
A.「それぞれのカードローンに特徴があるから、お金を借りる人の目的や状況から見てタイプ別におすすめのカードローンをご紹介してみますね。」

カードローンには、銀行系や消費者金融系など、とにかく数多くの種類が存在します。

自分の目的、ライフスタイルに最適なカードはどれなのか、迷ってしまいます。

基本的な機能や申し込み方法などはほとんど同じなんですが、カードを発行している会社によって、その性質や特徴は微妙に異なります

その微妙な違いを掘り下げて、タイプ別におすすめのカードローンを選んでみました。

自分の使い方や目的に一番適したカードを見つけてください。

即日融資が可能なおすすめのカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像blue yajirusi 728
あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像salaryman aseri 336 squ
man
「急にまとまったお金が必要になったが、給料日前で銀行の残高では足りない!」

そんな時に最初に思いつくのは、クレジットカードのキャッシングです。

改めて手続きする必要がなく、ATMから借入れできますのでとてもお手軽です。

でも、気を付けなければいけないのは、クレジットカードの借入れ枠はショッピングと共通の場合が多く、限度額いっぱいにキャッシングしてしまうと、そのカードは返済が済むまでショッピングに使えなくなることもあります。

また、キャッシングしたお金を一括返済するならそれほどの差は出ませんが、分割で返済する場合は、カードローンに比べて金利が高くなることが多いです。

そんな時に役に立つ、即日融資が可能なおすすめのカードローンがあります。

  1. 「Webで申し込み」
  2. 「審査」
  3. 「必要書類画像のアップロード」
  4. 「銀行へ振り込み」

大まかな流れはどこも上記のようになります。

審査や必要書類に問題が無く、銀行の営業時間内(※1)に手続きが完了すれば、すぐにお金を手にすることができます。

※1:ローン会社の提携銀行の場合、銀行の営業時間以降でも一定時間まで振り込み可能な場合があります。

ここで注意が必要なのは、入力した勤務先に実際に在籍しているかを確認する「在籍確認」です。通常は勤務先に、個人名などで電話をして本人を呼び出し確認します。

タイミング悪く勤務先が休みとか誰もいないなど、在籍確認ができないと手続きが中断してしまいます。

しかし、「最短1時間融資」などを明記しているローン会社の場合は、申し込み手続き中や審査完了後等に電話やメールなどで「今は在籍確認が難しい」などの相談をすれば、確認を後日にしてくれたり、書類での確認で対応してくれたり、融通を効かせてくれることがあるようです。

審査結果が大変優秀であれば、在籍確認しないこともあるようです。

ただし、このことはサイトなどに明記できないため約束されたことではなく、審査結果によっても(在籍期間が短い、転職歴が多いなど)対応は異なりますので注意は必要です。

プロミス

  • 実質年率:4.5%〜17.8%
  • 利用限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 初回ご利用日の翌日から30日間無利息(Web明細利用の場合)

「プロミス」の公式サイトはこちら

アイフル

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息

「アイフル」の公式サイトはこちら

アコム

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 自動契約機(むじんくん)なら8:00~22:00までお申し込み可能

「アコム」の公式サイトはこちら

J.Score

  • 実質年率:0.8%~12.0%
  • 利用限度額:10万円~1,000万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • みずほ銀行とソフトバンクが合同出資した消費者金融業者
  • 入力された情報から個人の属性をAIが審査する新しいシステム
  • 本審査は他社同様行われ、審査結果はメールにて通知
  • PCかスマホからの利用のみでカードは発行されません
  • 借入は振込のみ、返済は口座振替、振込、ペイジーでATMはない

「J.Score」の公式サイトはこちら

なお、以前は即日融資をうたっていた銀行系のカードローンですが、2018年1月より反社会的勢力へ資金が流れないように、毎回警察庁データベースへ照会をするようになりました。

その結果が当日には返ってこないため、即日融資は不可能になりました。

現在、消費者金融系はこの対象にはなっていませんが、今後の社会情勢でどのように変わっていくかは不明です。

低金利のおすすめカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像figures 728

まとまったお金を借り入れる場合や長期で返済する場合は、たとえ1%の違いであっても、少しでも金利の安いところが望ましいです。

各社とも、最低金利と最高金利が設定されていますが、高額融資の場合は最低金利、低額融資の場合は、最高金利に着目する必要があります。

一般的には、消費者金融のカードローンより銀行のカードローンの方が金利は安く設定されています。(J.Scoreは消費者金融でも無駄を省いた特殊なシステムのため超低金利です)

預金口座が無くても申込める銀行が多いのですが、口座があった方が便利でお得なこともありますので、預金口座があるところ、または同時に開設すると良いでしょう。

なお、銀行カードローンの場合は、即日融資には対応していないのでご注意ください。

J.Score

  • 実質年率:0.8%~12.0%
  • 利用限度額:10万円~1,000万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • インタビュー形式で入力されたさまざまな情報から、個人の属性をAIが審査して、本人の信頼性や現在~将来の支払い能力などをポイント化することで、借入条件(金利など)を算出する「スコアレンディング」という新しい個人向け融資システム
  • PCかスマホからの利用のみでカードは発行されません。
  • 借入は振込のみ、返済は口座振替、振込、ペイジーでATMはない。

「J.Score」の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローン

  • 実質年率:2.0%~14.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:-
  • 融資時間:-

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合は、お手持ちのカードにローン機能を追加できる

「みずほ銀行カードローン」の公式サイトはこちら

楽天銀行スーパーローン

  • 実質年率:1.9%~14.5%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:-
  • 融資時間:-

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 楽天会員ならスーパーポイント1,000ポイントプレゼント
  • 楽天銀行の口座を持っているとかなり便利に使えます

「楽天銀行スーパーローン」の公式サイトはこちら

三菱UFJ銀行 バンクイック

  • 実質年率:1.8%~14.6%
  • 利用限度額:10万円~500万円
  • 審査時間:-
  • 融資時間:-

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 店頭のテレビ窓口ならその場でカードを発行可能
    (融資は翌日以降になります)

「三菱UFJ銀行 バンクイック」の公式サイトはこちら

短期のつなぎ資金が必要な時のおすすめのカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像time 728
あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像salaryman aseri 336 squ
man
「予定より急にお金が必要になったけど、ボーナスが入るのが1週間後で間に合わない!」

そんな時の短期のつなぎ資金調達には、初回借り入れ時に30日間利息無料のカードローンで借入れして、30日以内に返済してしまえば利息もかからずピンチを乗り切れます。

即日融資も可能なので、思いついたら即実行です。

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像teacher point 336 squ
teacher
無利息期間のスタートが、「プロミス」の場合初回ご利用日の翌日からなので、融資実行がカード契約時の少し後になっても安心です。

プロミス

  • 実質年率:4.5%〜17.8%
  • 利用限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 初回ご利用日の翌日から30日間無利息(Web明細利用の場合)

「プロミス」の公式サイトはこちら

アイフル

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息

「アイフル」の公式サイトはこちら

アコム

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 自動契約機(むじんくん)なら8:00~22:00までお申し込み可能

「アコム」の公式サイトはこちら

審査なし、審査基準の甘いカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像smileyballs 728
審査のないカードローンは、残念ながらありえません。

もしあったとしたら、それはかなりヤバいローン会社なので、使わない方が良いです。

審査の基準はどの会社も公表していませんので、比較するのは困難です。

基本的な審査基準はほとんど変わらないはずですので、各社の審査項目における重要度の順位などの微妙な判断基準の違いが「ここは落ちたけどここは通った」という結果になっていると思われます。

実際に筆者も「A社の審査には落ちたけどP社の審査には通った」という話を身近で聞いたことがありますが、これが誰にでも当てはまることなのかどうかは不明です。

貸金業法における「総量規制」により、消費者金融のカードローンは借入額の合計が、年収の1/3を超えて融資することはなくなったと言えます。

良く見かける「総量規制対象外」である銀行のカードローンは、借入額を少なめにすれば他社借入額との合計が年収の1/3を超えても借りることができる、というイメージがあります。

しかし、2017年9月より金融庁の指導が厳しくなったのに合わせて、同等(あるいはそれ以上)の基準で自主規制を行う銀行が増えてきています。

上記の状況は流動的で確実な情報をお伝えできませんが、間違いなくいえることは、審査の際には正確な情報を入力すること、ウソの申告をしないことが重要です。

ウソの申告をしても、今の時代、絶対にばれてしまいます。ギリギリ審査に通ったかもしれないものも、通らなくなってしまいます。

ネット上に残っている古い情報をあてにしないで、正直に申告した方が賢明と言えます。

総量規制

消費者金融、信販会社、クレジット会社を対象にした「貸金業法」に定められた規定です。

過剰貸し付けを防止するために、各社(総量規制の対象業者)の融資額の合計が年収の1/3を超える貸付を禁止しています。

銀行の場合は「銀行法」が適用されていて「貸金業法」の対象ではないため、「総量規制」の制限は法的にはありません。

しかし、2017年9月より金融庁の指導が厳しくなり、同等(あるいはそれ以上)の基準で自主規制を行うところが増えてきています。

在籍確認がないカードローン

カードローンを申し込むときに、できれば避けたいものが勤め先への在籍確認の電話です。この電話によって、会社にバレてしまうことを心配される方も多いようです。

また、何らかの理由で実際に電話確認が難しい方もいるかもしれません。基本的には、どの業者も在籍確認をすると規約に記載しています。

しかし、唯一モビットの「WEB完結」の申し込みは、一定の条件を満たしていれば電話連絡が無いと明記されています。

その条件というのは意外に厳しくて、下記の条件を満たしている必要があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている。
  • 社会保険証、もしくは組合保険証を持ている(大手企業か公務員ということ)

それでも、条件に合えば勤務先への電話が無いことが事前に分かっていることは、不安が無くなります。

その他の業者でも、審査で問題が無く、申込時に相談すれば書類での確認や、電話するタイミングを調整してくれるところもあるようです。

変にごまかさないで、率直に相談してみましょう。

なお、在籍確認の電話は消費者金融であれば、どの業者も個人名でかけてきます。(銀行の場合は銀行名でかけてくることがあります)

お金を借りたことが分かってしまうような話はしないので、通常は問題ないと思います。

SMBCモビット

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:1万円~800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日

特徴

  • Web完結で申し込みなら在籍確認なし(条件あり)
  • 10秒の簡易審査あり
  • カードレスなら郵便物もなし
  • Tポイントが貯まるTカード機能付きも選択可能

「SMBCモビット」の公式サイトはこちら

アイフル

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • ネットでも申し込み直後にフリーダイヤルで急ぎのお願いができるので、その際に在籍確認の相談も可能

「アイフル」の公式サイトはこちら

家族にバレにくいおすすめのカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像atamakakaeru man 728
あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像salaryman konwaku 336 squ
man
「家族には内緒で借入れをしたい。」

これも、在籍確認の「会社にバレないで・・・」と同じく、良くある要望です。

最近は「Web完結」での申し込みも増えて、経費節減の意味もあり、郵送での案内をしない事やカードレスでの契約に、各社とも積極的になってきています。

そのためカード会社からの連絡手段は、メールや電話(携帯)、SMSなどが使われるようになり、結果的に本人にしか分からないようになってきています。

もちろん、返済が遅れたり、引落しができなかったり、何かトラブルがあると、郵便物で連絡されてしまう可能性が高くなります。

それさえ気を付けていれば、家族にばれないでカードローンを利用することができます。

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像teacher point 336 squ
teacher
ポイントは「Web完結」「カードレス」「口座振替での返済」です。

プロミス

  • 実質年率:4.5%〜17.8%
  • 利用限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 初回ご利用日の翌日から30日間無利息(Web明細利用の場合)
  • Webで申込み+口座振替で返済+カードレスで郵送物無し

「プロミス」の公式サイトはこちら

アイフル

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • Webで申込み+口座振替で返済+カードレスで郵送物無し

「アイフル」の公式サイトはこちら

J.Score

  • 実質年率:0.8%~12.0%
  • 利用限度額:10万円~1,000万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • みずほ銀行とソフトバンクが合同出資した消費者金融業者
  • PCかスマホからの利用のみでカードは発行されません
  • 借入は振込のみ、返済は口座振替、振込、ペイジー
  • そもそもがペーパーレスな融資システム

「J.Score」の公式サイトはこちら

専業主婦でも借りられるおすすめのカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像girl kajiru 728

最近は専業主婦でも利用可能なカードローンが少なくなってきました。その一番の原因は、前出の貸金業法の総量規制が定められたことです。

年収の1/3を上限とするという規定なので、年収が無い専業主婦は0円になってしまいます。

そのため、消費者金融では専業主婦をカードローン対象外にしています。(例外あり)

総量規制の対象外である銀行のカードローンも、少し前までは「配偶者に安定した収入がある」ことを条件に利用が可能でしたが、軒並みその文言が無くなっています。

ほとんどの銀行は「定期的な収入がある方」(パート・アルバイト・年金生活者を含んでいる場合もあります)に変わってきています。

一部のメガバンクでは「原則安定した収入がある方」と規定されていて、もしかしたら交渉の余地が残されているのかもしれませんが、正規な受け入れはしていないように感じます。

金融庁のお達しは、メガバンクを先頭にじわじわ広がりつつありますが、実は地方銀行やネットバンクの一部には、もしかしたら昔の名残なのかもしれませんが、専業主婦でも申し込み可能と明記している銀行がいくつか存在しています。

法的に禁止されている訳ではないので、申し込みは可能と思われます。

ここに紹介している銀行以外でも、地方銀行なら専業主婦の申し込みが可能なところがあるかもしれません。

なお、専業主婦の借入限度額は、通常少なめに設定されています。30万円~50万円が限度になると思われます。また、配偶者の所得証明の提出を求められる可能性もあります。

電話などで事前に良く確認してから申し込みしてください。※審査落ちすると信用情報に6カ月間履歴が残ってしまいます。

横浜銀行

  • 実質年率:1.9%~14.6%
  • 利用限度額※:10万円~1,000万円
  • 審査時間:最短翌日
  • 融資時間:-

特徴

  • 口座が無くてもWeb完結で申し込み可能
  • ご利用になれる方に「安定した収入のある方、およびその配偶者」の記載あり
  • 居住または勤務の地域限定あり
  • 神奈川県内全地域、東京都内全地域、前橋市、高崎市、桐生市

「横浜銀行」の公式サイトはこちら

イオン銀行

  • 実質年率:3.8%~13.8%
  • 利用限度額※:10万円~800万円
  • 審査時間:-
  • 融資時間:最短翌日

特徴

  • 口座が無くてもWebから申し込み可能
  • ご利用になれる方に「パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。」の記載あり
  • ATM手数料無料(一部対象外、未提携あり)

「イオン銀行」の公式サイトはこちら

楽天銀行スーパーローン

  • 実質年率:1.9%~14.5%
  • 利用限度額※:最大800万円
  • 審査時間:-
  • 融資時間:-

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 楽天会員ならスーパーポイント1,000ポイントプレゼント
  • 楽天銀行口座を持っているとかなり便利に使えます
  • 「商品概要説明書」のお申込いただける方に「お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方」の記載あり

「楽天銀行スーパーローン」の公式サイトはこちら

ジャパンネット銀行

  • 実質年率:2.5%~18%
  • 利用限度額※:最大1,000万円
  • 審査時間:-
  • 融資時間:-

特徴

  • Web完結で申し込み可能(同行の口座が必要)
  • ネットキャッシングなので銀行サイトにアクセスして借入れ、自分の口座に振り込まれる(ローンカードは無い)
  • ご利用いただける方に「専業主婦(女性のみ可)の方でも、配偶者に安定した収入があればお申し込みいただけます」の記載あり
  • 配偶者の勤務先に在籍確認のため電話がある

「ジャパンネット銀行」の公式サイトはこちら

※「利用限度額」は通常申込みの場合の金額です。

専業主婦でも使える「消費者金融」のカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像goodbad paper 728

先に記載したように、大手の消費者金融のカードローンでは専業主婦は対象外になってしまっています。

しかし、下記のように専業主婦への融資を行っている消費者金融の会社も存在します。

通販会社の「ベルーナ」が発行しているローンカードです。

実は、貸金業法の総量規制の中には例外も規定されていて、収入のない専業主婦でも借り入れができるように「配偶者貸付」という制度がちゃんと記載されています。

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像syuhu hatena 336 squ
man
「ではなぜ大手の消費者金融が配偶者貸付を取り扱っていないのでしょうか?」
これはあくまで推測ですが、手続きの手間が通常の貸付より多い割に、貸付できる金額が少なくなる可能性が高く、割に合わないという理由だと思われます。

「配偶者貸付」も総量規制の対象で、専業主婦と配偶者の借入れの合計が夫婦の年収の合計の1/3以内に制限されます。おそらく管理工数も増えるんでしょうね。

専業主婦のユーザーが多い「ベルーナ」ならではのサービスと言えます。

参考:金融庁「貸金業法Q&A」

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像syuhu hatena 336 squ
man
「専業主婦、主夫が借入れをする場合には、どのような書類の提出が必要ですか?」
あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像teacher point 336 squ
teacher
「配偶者の同意を得て、借入れをすることができる場合があります。その際は、配偶者の年収を証明する書類、借入れについての配偶者の同意書などが必要となります。」

参考:日本貸金業協会「貸金業法についてQ&A Q&A配偶者貸付について」

ベルーナノーティス

  • 実質年率:4.5%~18.0%
  • 利用限度額:1万円~300万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短翌日

特徴

  • Webで申し込み可能
  • はじめての借入れから14日間利息無料
  • ATM手数料無料
  • 婚姻関係の証明書(住民票)及び配偶者の同意書が必要
  • 年齢制限:20歳から78歳まで
  • 通販会社のベルーナ(東証一部上場)の子会社

「ベルーナノーティス」の公式サイト

外国人でも借り入れ可能なおすすめのカードローン

あなたにおすすめのカードローンはこれだ!タイプ別おすすめのカードローンの選び方/画像kaiwa maun 728

近年増えてきている在日外国人は、今後もさらに増えていくと思われます。

何かと不便なことが多い在日外国人の方ですが、一定条件を満たせばカードローンを利用することができます。

申し込みに必要になるのは、日本人と同じく本人確認のための「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のどれかに加えて「特別永住証明書」もしくは「在留カード」の提示が必要になります。

なお、銀行のカードローンの場合はほとんどが「永住権」があることを条件にしており、それ以外の在留資格の方は申し込みができない状況です。

消費者金融系のカードローンは永住者以外でも就労制限が無ければ申し込み可能です。

勤続年数が短いと審査に不利なのは日本人も同じですが、それに加えて日本語での会話能力やある程度の読み書きができることも条件になります。

電話での確認に問題なく応えたり、契約書の内容を理解できる必要があるからです。また在留期間の残りが短いと審査にはかなり不利になります。

毎月の安定収入の有無、及びその金額と照らし合わせて、確実に返済可能かを判断されるでしょうから、少なくとも1年以上残っていないと難しいと思われます。

審査落ちすれば、信用情報に履歴が残るのは日本人と同じでしょうから、リスクを冒さないな目にも、消費者金融のカードローンに申し込む方が良いかもしれません。

プロミス

  • 実質年率:4.5%〜17.8%
  • 利用限度額:1万円~500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 初回ご利用日の翌日から30日間無利息(Web明細利用の場合)
  • 「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要

「プロミス」の公式サイトはこちら

アイフル

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要

「アイフル」の公式サイトはこちら

J.Score

  • 実質年率:0.8%~12.0%
  • 利用限度額:10万円~1,000万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • みずほ銀行とソフトバンクが合同出資した消費者金融業者
  • PCかスマホからの利用のみでカードは発行されません
  • 借入は振込のみ、返済は口座振替、振込、ペイジー
  • 「永住権のない外国人の方もお申込み可能です」の記載あり
  • 「在留カード」または「特別永住者証明書」の提出が必要

「J.Score」の公式サイトはこちら

まとめ

カードローンの種類は、本当にたくさんあります。ここでご紹介したカードローン以外にも、いろいろなタイプがあります。

それぞれに特徴があり、自分で良く使うポイントが貯まるものがあったり、利息無料期間があったり、後で知って後悔をしないように、じっくりと自分に合ったカードを選んでください。

また、「J.Score」のような、未来型の融資システムも出てきたり、法律や制度の見直しなどの、環境の流動性もありますので、実際に申し込みをするときは、できるだけ新しい情報を参考にするようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です