銀行カードローン審査落ち時の対策

銀行カードローン審査落ち時の対策

銀行カードローンに申し込んで審査が通らなかった場合は、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、銀行カードローン審査落ち時の対策について解説します。

まずは、審査落ちの理由に見当を付ける

まずは、なんで審査に通らなかったのか、想定するしかありませんがこれを考えずには次に進めません。ケースごとに考えてみましょう。

申込時の入力情報の誤字・脱字・虚偽申告

申込フォームへの入力事項に誤字や脱字、打ち間違えがあったり、他社借入金額を正確な数字で記入せずに、少なめに書いてしまったりしたことに心当たりのある方、かつ銀行カードローンを申し込んだのが1社だけという方

→ほかの銀行カードローンに申し込む

入力の不備であれば、ほかの銀行カードローンに申込むときに正確な情報を入れれば審査が享可能性があります。

他社借入件数、他社借入れ額が多い

他社借入件数が多い、他社借入れ額が大きい方が、銀行カードローンで審査落ちした場合

消費者金融カードローンに申し込む
信販系カードローンに申し込む

やはり、他社借入れが多い場合は、銀行の方が審査が厳しくなっているため、同じ銀行カードローンで探しても、なかなか審査は通らない可能性が高いです。銀行カードローンはあきらめる方が良いです。

おまとめ目的で申込

低金利の銀行カードローンをおまとめ目的で申し込んだ場合

おまとめローンに申し込む

銀行カードローンが低金利だからおまとめ目的で利用したいと思っても、他の借入れをまとめられる額の審査が通ることは難しいです。銀工が消費者金融などのリスクを被る形になるからです。はじめから、おまとめローンと銘打っているローンを利用した方が審査通過の可能性は高くなります。

債務整理、自己破産、3ヶ月以上の延滞

債務整理、自己破産、3ヶ月以上の延滞がある場合

→債務整理、自己破産の場合、契約完了、破産免責確定などから最低5年は待つ
→3ヶ月以上の延滞の場合、消費者金融カードローンに申し込む

債務整理や自己破産や3ヶ月以上の延滞があるとほとんど審査に通ることは難しくなってしまいます。個人信用情報がきれいになるまで待つのが最善の手です。3ヶ月以上の延滞だけの場合は、消費者金融カードローンであれば審査が通る可能性があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です