カードローン審査落ちの場合は限度額を最小限に引き下げる

カードローン審査落ちの場合は限度額を最小限に引き下げる

カードローンの審査で落ちてしまった場合には、希望する利用限度額を最低限の金額に変更して他社のカードローンに申込んでみると審査通過の可能性が上がります。

カードローン審査は「限度額」も需要

カードローンの審査でチェックされるのは

「この人は貸すお金をきちんと返してくれるのか?どうか?」

です。文字通り「貸すお金」の最大値が「利用限度額」なのです。

利用限度額いっぱいいっぱいにカードローンを利用しない方も少なくありませんが、カードローン審査の場合にカードローン会社は最悪の場合を想定して

「利用限度額いっぱいいっぱいに貸したとしてもお金をきちんと返してくれるのか?どうか?」

で審査をするのです。

つまり、

希望限度額100万円の方と
希望限度額50万円の方と
希望限度額10万円の方では

大きく審査結果が変わってくることになるのです。

「希望限度額10万円じゃあ、必要な金額に全然届かないよ。」

という考える方も多いと思います。

しかし、審査が通らなければ1円も借りられないのです。少なくとも希望限度額10万円でも0円よりは良いと考えましょう。

また、カードローンを作りさえすれば、返済実績を積むことでこの限度額を増額することが可能になります。時間はかかりますが、当初希望していた限度額まで増額することも可能なのです。

限度額は増額できる

カードローンの限度額は増額をすることができます。

カードローンのコールセンターに増額依頼をすることで、増額の審査が行われ、審査に通れば限度額を増やすことができるのです。

ここでも当然のように「増額の審査」というものが必要になりますが、この審査は初回のカードローン審査とは審査基準が異なるのです。

重視されるのは「直近の半年間で返済遅延なく返済を続けてきた実績があるかどうか?」

です。

過去の返済実績を審査しているのです。そのため、はじめに借り入れするときの属性や他社借入状況では限度額は最低限しか設定できなかったとしても、最低半年以上返済実績を積むことで限度額を引き上げることが可能になるのです。

さらに増額時には

  • 返済日よりも早く返済をする
  • 毎月の最低返済額よりも多めに返済する

ことでより限度額増額の審査は通りやすくなります。これは真面目に返済しようとする表れとして評価が高くなるからです。

まとめ

例えば、希望限度額50万円でカードローン審査で落ちてしまった場合

  1. 希望限度額を10万円に引き下げて、別のカードローンに申込み
  2. 半年以上、返済遅延なしで返済を継続してから30万円までの増額を依頼
  3. 10万円から30万円の増額
  4. 半年以上、返済遅延なしで返済を継続してから50万円までの増額を依頼
  5. 30万円から50万円の増額

と言った形で徐々に信用を積み重ねて、当初希望していた限度額「枠」をもらうことが可能なのです。

何社かのカードローン審査に落ちてしまったという場合には、希望する限度額が高すぎる設定になっていないのか?見直すことが重要と言えるでしょう。

消費者金融カードローンの場合は初回貸付額の平均は約20万円ほどなのです。それ以上大きな限度額を希望するのであれば、審査は厳しくなってしまうのです。

消費者金融カードローン比較ランキングはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です