自営業のカードローン審査は「業歴」が重要

自営業のカードローン審査は「業歴」が重要

自営業の方のカードローンの審査は、個人の方のカードローン審査とどう違っているのでしょうか。

自営業のカードローン審査は、サラリーマンと比較して厳しくなる

サラリーマンの方のカードローン審査と自営業の方のカードローン審査を比較すると、自営業の方のカードローン審査の方がかなり厳しいというのが現実です。

なぜならば、自営業の方は高収入の方も多いのですが、経営者であるがゆえに収入が不安定でいきなり倒産してしまうということも考えられます。

また、カードローンというのは、基本的に「使途自由」、何に使ってもいいよというものですが、但し書きに「事業用資金としての利用は不可」と書かれています。事業用資金に利用してはいけないのです。

しかし、自営業の方が自分の生活費に使ったのか、事業のための運転資金に使ったのかは、カードローン会社は追いかけることができません。わからないのです。そのことをカードローン会社自身も知っているため 、審査の難易度が高くなってしまうのです。

自営業のカードローン審査は「業歴」が重要

自営業のカードローン審査は「業歴」が非常に重要になります。

サラリーマンの方の審査で「勤続年数」が重要であることと同じなのですが、それ以上に「業歴」の持つ意味は大きいのです。

収入が安定しているか、どうか、今後も返済ができるのか、どうかというのは自営業の場合とくに「業歴」と関係が深いのです。

仮に収入が不安定で赤字になることが多い自営業者であれば、「業歴」は長くならないことが多いからです。長く自営業として続けているということはそれだけで社会的信用度が高いことになるのです。

「業歴」が浅い、創業したての自営業者はどうすればいいのか?

1.独立する前にカードローンを作っておくこと

これが重要なポイントです。独立する前の企業に在籍しているときであればカードローン審査に通る可能性が高いため、事前に借り入れ枠を持っておくことが有効な手段なのです。

2.カードローンも自営業専用のローンを選ぶ

個人向けのカードローンよりも、自営業専用のカードローンと名付けられているものの方が審査通貨の可能性は高くなります。

自営業のカードローン審査は「業歴」が重要/画像253569 313080


プロミスの自営業カードローン

などです。

3.まずは申し込んでみて、ダメならビジネスローンを利用する

ダメ元で、まずはカードローンに申込んでみることが必要でしょう。2、3社申込んでどこも審査に通らないということであれば、事業性資金専用のローンであるビジネスローンなどを検討してみる方法があります。

4.業歴を1年経過するまで待つ

業歴が長くなるまで待ってから再度申し込みましょう。最低でも半年、理想は1年以上の業歴は必要と考えられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です