本人確認書類でも審査される

本人確認書類でも審査される

カードローンの新規申込時、必要となるのが「本人」が確認できる証書である。仮審査においては、これしか必要とされていない。『本人確認法』が施行されて以降、それまで必要がなかったクレジットカードの新規申込時にも、その原本コピー提出が義務づけられるようになった。

本人確認書頬(身分証明書)は、職種によって審査に影響を与える

有効期限内の正規の身分証明書であれば、何を提示しようとも申込者の自由だが、少し注意したいのが「健康保険証」による提示である。本人の顔写真が貼付されておらず、悪用による使用も目立つ証書だが、逆につぎに挙げる保険証を所持している人は、審査の際それだけで有利な場合が多い。よって、それらの保険証を所持している人は、下手に運転免許証を提示するよりも保険証を活用したはうが契約の際、好結果を生む場合がある。

運転免許証やパスポートでは、その人の職業を推測することは不可能である。公務員でも、大企業の会社員でも、フリーターも同じくくりでしか捉えることができない証明書だが、健康保険証の場合、ある程度その人の職業を見極めることができるところに秘められた効力がある。

世の中には保険証にもその職業によっていろいろな種類があるが、なかでも『公務員共済健康保険証』 はかなり有利だ。ついで、サラリーマンも含む多くの勤め人が加入している『社会健康保険証』となる。さらにここでも、職業レベルが明確に判別するような保険証はそれだけで有利と考えていい。また、職種レベルに特化した 『組合健康保険証』なども有利な部類に入る。

逆に、説得力のない保険証が、自営業者や無職者が加入している 『国民健康保険証』である。だれでももてるため、運転免許証と大差ないレベルだ。気休め程度に、毎月保険料を納入しているという〝返済能力″を見せることができる分かもしれない。

審査の重要度でいくと高い項目ではないがカードローン審査の確率をあげるために、できることはひとつでもやっておこう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です