カードローンの仮審査は本審査とは関係ない。気休め程度の仮審査

カードローンの仮審査は本審査とは関係ない。気休め程度の仮審査

カードローンには、仮審査、簡易審査、スピード審査といった、事前審査を用意している銀行や消費者金融があります。ただし、「カードローンの仮審査には通ったけれども、本審査で落とされた。納得いかない」という人も多いのです。ではこの仮審査とは何者なのでしょうか?

カードローンの仮審査とは?

カードローンの仮審査とは、サイトへの集客をするために「10秒スピード審査」というような広告でアピールするための仕組みなのです。

仕組み上は、年齢と性別などを入力し、他社借入額を入力すると融資可能か、どうかの結果が出るようになっていますが

年齢制限が対象外などのケース以外で、この段階でお客さんを選別することはあまりなく、ほとんどのケースで「融資が可能だと思われます。こちらからお問い合わせください。」ということになります。

そのため、本審査で落ちることも、普通にありえるのです。つまり、スピード審査、仮審査、事前審査などする意味もなく、普通に申し込んで、はじめから本審査でも同じなのです。

入力の手間分、はじめから申し込みフォームに入力した方が早いかもしれません。

ではどうすれば良いの?

はじめから、仮審査や事前審査の結果を信じないでいればいいのです。カードローンの審査は本審査だけと思っておきましょう。審査が通るか、どうかは申し込んでみなければわかりません。

カードローンを比較した上で選んだカードローンであれば、いまさらスピード診断をする必要はないのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です