携帯料金を滞納しているとカードローン審査にマイナス

携帯料金を滞納しているとカードローン審査にマイナス

スマフォなどの携帯料金やイーモバイルなどの高速モバイル通信とセットになったノートブックなどは、「0円」という売り文句で大々的に販売されています。「えっ、0円なら欲しい。」と思って購入した方も少なくないのではないでしょうか。しかし、これの売り方の場合は月額料金が発生して途中解約をすると違約金が発生するタイプのサービスなので、れっきとしたローンの一種なのです。そのため、この月額料金の支払い=つまり、携帯料金の割賦払いの料金を滞納してしまったとしたら、カードローンの審査ではマイナス評価になるのです。

携帯料金はローンの一種

携帯料金やノートブックは「今なら0円。毎月の支払いは4,000円。2年経てば解約しても0円」というような売り文句で販売する手法が一般的になってきました。

実は、これは割賦契約という分割払いの手法であり、ローンの仲間なのです。

そのため、契約は各ケータイ会社(ドコモ、au、ソフトバンク)と契約するのではなく、ケータイ会社の子会社のクレジット会社と契約する形になっているのです。

ローンの仲間であるがゆえに、携帯料金の支払いが遅延した場合には、個人信用情報に登録されることになります。3ヶ月以上の遅延があれば、「異動」扱いという悪質な遅延をした方という情報が共有されてしまうことになるのです。

これは、端末本体を一括の費用で購入し、携帯会社への通話料の月額料金を滞納したという場合にはおきないことなのです。この場合は個人信用情報に遅延情報は掲載されません。

ソフトバンクがはじめたこの0円販売手法は、気を付けないとカードローンを含めた他のローンの審査に引っかかってしまうことになるのです。

カードローンや住宅ローンの審査が通らない理由がいまいちわからない。という方の中にはこうした携帯電料料金の未払いが原因で起きている可能性もあるのです。

カードローンに申込む前に、再度携帯料金支払い遅延がないかチェック

過去に上記の割賦契約の携帯料金の支払いを遅延してしまった事実は5年間は個人信用情報の残ります。それでも、現時点で返済が完了しているかどうかも重要なポイントなので、カードローン申し込みの前に、携帯料金の返済を確認して、支払が完了しているか再度チェックすることが必要です。

 また、「携帯の料金は多少遅れてもいいだろう。」と考えてしまうと、後々困ることになりかねないのです。

いざ、カードローンでお金を借りる必要がある、住宅ローンを利用しなければならない、という状況に追い込まれたときに、携帯料金の支払い遅延が審査に影響しないためには、携帯料金の支払いも期日通りに行うことが重要なのです。

携帯端末料金の分割払い、高速モバイル通信の分割払い、ノートパソコンの分割払い、などはすべてローンであることを今一度認識しておくことが重要なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です