固定電話も記入して審査通過率アップ

固定電話も記入して審査通過率アップ

カードローンの審査になかなか通らない人で、自宅に固定電話を引いている方は、固定電話も申し込み時に登録すると、審査の通過率がアップします。

なぜ、固定電話の記入で審査が通りやすくなるの?

カードローンの審査時には属性と呼ばれる、借りる人がきちんと返済してくれる人なのか?を点数によって審査する仕組みが適用されます。

一般的に、カードローンの申し込みフォームでは

  • 自宅の電話番号
  • 携帯の電話番号

の入力欄があり、どちらかが必須の記入事項になっているはずです。

この時の審査の得点が高い順番は

  1. 自宅+携帯両方
  2. 自宅のみ
  3. 携帯のみ

になります。

自宅の電話=固定電話というのは、携帯電話とは違って、NTTとの契約が必要になるため、住所がある証明ということになるのです。金融機関にしてみれば、携帯電話だけの人よりも、固定電話がある人の方が、住所が証明されている分安心して貸せるということなのです。

多くの方は、自宅の電話と携帯電話の両方を持っていたとしても、自宅に電話がかかってくるのではないかと考えてしまって、携帯電話だけを記入する方が多いのですが、その場合は、審査の通過率が落ちてしまうのです。

また、電話番号の記入とは別に、審査結果通知や内容確認の連絡先を選択する入力フォームがあることが一般的なので、自宅と携帯両方の電話番号を記入した場合でも、この選択を携帯にしておけば、自宅に審査結果通知や内容確認の電話がかかってくることはないのです。

年々、携帯電話だけの世帯が増えていっているため、より自宅電話(固定電話)の重要性がカードローンの審査上も高まっていることが想定されます。審査に通らない方は、細かい工夫ですが申し込みフォームでは自宅と携帯両方の電話番号を登録するようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です