カードローン申込フォームの時点で審査ははじまっている?

カードローン申込フォームの時点で審査ははじまっている?

カードローン申込フォームに記入する場合には、どんな項目が必要なのか?とどうやって記入すればいいか、どこが審査に盈虚ぅするのか?を解説します。

カードローンの申込フォーム記入事項

※アコムカードローンの場合

お客様情報
  • 氏名
  • 氏名(フリガナ)
  • 旧姓
  • 生年月日
  • 性別・独身 既婚
  • メールアドレス ※携帯電話アドレスも可。

ここは特に問題がある箇所ではありませんが、ちなみにこの時点で審査は始まっています。既婚よりも独身が審査の評価はよかったり、生年月日によって算出される年齢は若い方が良いのです。結婚されて名前が変わっている方は旧姓の登録が必要です。

ご自宅情報
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 番地・建物名
  • 電話番号
  • 住居種類
  • 入居年月
  • 家賃もしくは住宅ローン
  • ご本人を含む家族人数

住宅の種類と入居年数がまずは審査の大きなポイントです。自分の持ち家がいいことは間違えないですし、その次は家族所有の持ち家、賃貸、公団と続きます。また、入居年数は勤続年数ほどではないですが重要な項目であり、入居年数が長い方が信用が高いとされています。

家族の人数は、少ない方が可処分所得が大きいと判断され審査にプラス評価になります。

お勤め先情報
  • 会社名
  • 会社名(フリガナ)
  • 所属部署
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 社員数
  • 事業内容
  • 入社年月
  • 勤務形態
  • 職種
  • 収入形態
  • 収入(税込) 月収 万円 / 年収 万円
  • 給料日 毎月 日
  • 保険証種類
  • 保険証区分
  • 休日

会社名で会社の規模を把握し、入社年月で勤続年数を算出するのです。勤続年数と書くと嘘の記載をする方がいるので、入社年月を記載するようにしています。もちろん、勤続年数は長ければ長いほど審査の評価は高くなります。

職種も審査の基準になり、収入が不安定な営業職よりも、安定した収入形態であるバックオフィスの事務職などの方が審査の評価は高くなります。

保険証も重要で、公務員なのか、個人事業主なのか、サラリーマンなのか、を見極めるポイントになっています。公務員が一番審査評価が高く、サラリーマン、個人事業主と続きます。

他社借入れ状況
  • 借入件数
  • 借入総額

ここは嘘の数字を書いても、個人信用情報からすぐにバレてしまうので、正確な数字をいれましょう。勘違いや記入忘れなどで数字が違う場合でも、虚偽の申告とされ審査には大幅なマイナス評価になります。数字を正確に把握していない場合は、申込み前に各社の残高を確認してから申込みましょう。枠があっても借り入れをしていなければ0円で構いません。また、住宅ローンや自動車ローンは含まれません。

カードの限度額
  • 希望契約額

希望契約額はあまりに大きな金額をいれるのは辞めた方がいいですが、本来の希望金額よりも少し上乗せした金額を入れましょう。今後の借入れなどのときに余裕があった方がいいためです。

審査結果通知先
  • 連絡希望先 携帯 自宅 勤務先
振込口座と振込貸付明細書送付先
  • 振込口座
  • 振込貸付明細書送付先
アンケート
  • お申し込みのきっかけとなった広告
  • 上記以外でよく見かける広告(最大2つ)

すでに申し込みフォームの時点で審査は始まっています。まずは虚偽の申告と誤記入などがないように最新の注意をもって記入することが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です