新規参入のカードローンが狙い目

新規参入のカードローンが狙い目

カードローンの審査に通らない場合は、新規参入してきたカードローンに狙いを絞るのもひとつの手である。

新規参入したばかりのカードローンは審査ノウハウが手薄

カードローンなどのローン事業を本業としていない新規参入してきた金融機関の場合、審査ノウハウが確立されていないことが多いのです。

本業が銀行であっても、審査は保証会社である消費者金融に丸投げしていることも多いぐらい、個人向けの無担保ローンであるカードローンの審査というのは非常に難しく審査ノウハウを確立するまでには時間がかかるものなのです。

審査ノウハウが確立されていなければ、他のカードローンと審査基準が大きく異なる可能性もあり、有名なカードローンで審査が通らなかったとしても、審査通過する可能性が高くなるのです。

などが、他のカードローンと審査基準が違っている可能性の高いカードローンと言えるでしょう。

もちろん、審査基準というのは金融機関の最高機密情報であるため、あくまでも推測の範囲ですが、大手ばかりに申し込んでカードローンの審査が通らな方はトライしてみるのもひとつの方法と言えるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です