プロミスの審査の実態

プロミスの審査の実態

プロミスのカードローン、キャッシングの審査はどのくらい厳しいのか?どのくらい甘いのであろうか?ここではプロミスの審査について解説したい。

プロミスの審査

プロミスの審査や融資の実態を探るには、実際のデータからの考察を中心に推察していきたい。というのも、口コミなどの根拠のないものを前提にしてしまっては、説得力がないからである。下記は2012年3月期の実際のデータである。

  • 平均約定金利 16.5%
  • 審査通過率 38.6%
  • 平均約定金利の低さは、大手消費者金融4位
  • 審査通過率は、大手消費者金融2位

プロミスは、下限の金利が他のカードローンよりも低いことも影響し、約定金利の実績が消費者金融大手のなかで一番高い結果になっている。しかし、審査通過率は38.6%と2番目に審査通過率が高い結果になっている。30日間の無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)を展開しているにも関わらず、審査通過率が高いのは、平均金利が高いからこそと言える。同じく無利息サービスを展開しているレイクに比べると約8%も審査通過率が高いのです。

プロミスは、顧客の職種別の構成比も公開している

  • 事務/管理職 15.0%
  • 労務 40.5%
  • 専門/技術/保安 12.9%
  • 販売 13.1%
  • 営業 7.1%
  • 歩合/セールス 1.9%
  • 経営 9.3%
  • その他 0.0%

プロミスを利用する方は、事務職、労務とバックヤードの職業の人が多い結果になっている。収入が成績によって変動する営業よりも、安定して収入が継続する事務職の方が審査通過率が高いということが推察される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です