カードローンの審査方法

カードローンの審査方法

カードローンの審査は様々な要素を審査し結果が出ます。カードローン会社ごとに独自の審査基準を設けています。また、審査方法がカードローン会社のノウハウといっても過言ではないため、公開はされています。

一般的に重要視されていると言われている部分を紹介していきます。

信用情報のチェック

カードローンの審査で一番重要視されていると言われているのがこの信用情報です。信用情報とは、あなたがカードローンやクレジットカード、そのほかのローンなどで「いくら借りているか?」「ちゃんと毎月返済をしているか?」「返済の遅延などがないか?」などの情報を言います。

この情報は信用情報機関で管理されており、各金融機関(カードローン会社)はこの信用情報をお互いに知ることができます。

信用情報で一番評価が高いケースは「長い期間の継続利用があり、遅延が一切なくしっかり支払している人」です。

意外かもしれませんが、今までクレジットカードやカードローンなど一切持ったことがない人だと、信用機関に情報がない人は逆に「未知数」といして判断され審査の際にマイナスになり、限度額が低く設定されるということもあります。

「ブラック」もこの信用情報で分かる

よくブラックリストに載ると表現されますが、実際にはそのようなリストは存在しなく、この信用情報に遅延などの事故情報が載る事をブラックリストに載ると表現されます。この事故情報が載っている人はカードローンは申し込んでも審査が通ることはまずありません。

仕事のチェック

この仕事のチェックは返済能力を審査するためのものです。以前はアルバイトやパート、専業主婦でもカードローンの申し込みができたところも多かったですが2010年6月の総量規制以降は年収の3分の1以上が借りれなくなってしまった為、審査もかなり厳しくなってしまいました。特に今では収入証明書を出さなければいけない場合も多くなっています。勤めている企業規模も多少は見られている可能性が高いですが、雇用形態や勤続年数が重要視されているようです。

  1. 公務員
  2. 正社員
  3. 自営業
  4. 契約社員・派遣社員

の順番に評価が高いと言われています。

実際は、上記に加えて家族構成や自宅が持家か・借家かなど、他にも多数の審査項目があるため、やはり審査に通るかどうかは申し込んでみないと分かりません。

さらに詳しいカードローン審査についてはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です