カードローンの審査では勤続年数が重要視される

カードローンの審査では勤続年数が重要視される

カードローンの審査の中で、意外とウェイトの大きい項目が勤続年数です。ここでは勤続年数に関する審査での対策を紹介します。

勤続年数が重要な理由

勤続年数というのは、収入の安定性を保証するものとして重要視されています。

どういうことかというと、勤続年数が長ければ長いほど、急にクビになったり、退職することになる、転職するリスクというのが少なくなるからです。

逆に勤続年数が短いという場合は、新卒でない限りは転職が多い人であったり、クビになった人であったり、給料も下がっているケースの方が多く、今後も同じ状況になることが考えられます。

カードローンの場合は、「長期的に継続的に利用した上で確実に返済してくれる人=優良顧客」なので、勤続年数というのは、それを推し量るためには非常に重要なポイントなのです。

勤続年数はどのくらい必要?

カードローンの場合
  • 最低:半年以上
  • 一般的に合格ライン:1年以上

と言われています。

ローンの種類が違うため参考程度にしかなりませんが、住宅ローンの場合で銀行にアンケートを取ったものがあります。

審査通過をするための勤続年数は?
  1. 3年以上(417社) 36.8%
  2. 2年以上(118社) 10.4%
  3. 1年以上(489社) 43.2%
  4. その他(109社) 9.6%

となっています。ローンの種類が有担保と無担保で大きく違いますが、参考程度にはなるのではないでしょうか。

カードローン審査にあたって勤続年数で注意すべきこと

転職することが決まったなら、今のうちにカードローンは申し込んでおく

転職した直後から約1年ぐらいは審査に通りにくくなってしまうことが多いのです。そのため、転職が決まったら、転職する前に低金利のカードローンを作って、利用はせずに枠だけ持っておくというのもひとつの方法です。

カードローンは持っているだけなら、何も費用は発生しないので、万が一の時にそなえて、作っておけば、いざという時に審査の準備もいらずすぐにお金が借入可能なのです。

転職後半年以内でカードローンの審査に落ちたら、勤続年数を疑う

他社の借入件数がなどがそれほど多くないのにもかかわらず、カードローンの審査に落ちた場合に転職後半年以内であれば、勤続年数が原因で審査に通らなかった可能性が高いのです。

その場合は、後半年:転職後1年を経過するまで待ってカードローンに申し込むか、他のカードローンにトライしてみるか、2つの方法があります。

前者は成功率が高いですが、時間が経過してしまうので今すぐ借り入れができなくなってしまいます。後者の場合は、カードローンの審査は金融機関によってかなり異なるため、勤続年数の審査ウェイトの低い金融機関を探すため、他のカードローンに申し込む形になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です