カードローン審査通らない理由

カードローン審査に通らない理由

カードローンを借りる方に一番多い悩みが、「カードローンの審査に通らない」こと。カードローンによって審査基準は違うので一概には言えませんが、審査が通らない理由はそれほど多くありません。

他社の借り入れ件数(額)が多い

銀行系のカードローン以外は2010年6月にできた総量規制により年収の3分の1以上を借入することができません。また、上限に達していなくても、複数社のカードローンを利用している場合など、「これ以上この人に融資すると危険」と判断されて審査が通らない事があります。実はこれが一番多い理由と言われています。実際に借りていなくても、クレジットカードを複数枚持っているだけでも、その枚数の限度額分借りる可能性のある人とジャッジされ、審査に通りにくくなります。

審査が通る可能性として、おまとめローンなどもありますが、上記と同様の理由で通らない可能性が高いため、返済が厳しい場合は債務整理を考えた方がいいと思われます。

ブラックリストに載っている

過去に3ヶ月以上の支払い滞納や債務整理や自己破産などをしたことがある人は、ブラックリストに載ってしまいます。この場合、審査は通りません。一般的に、このブラックリストから消える為には5年~8年程度かかると言われています。後は、家族にブラックリストがいると審査に通らない事もあると言われています。

短期間に複数のカードローンに申し込んでいる

カードローンに申し込んだ履歴も残る為、短期間に複数のカードローンに申し込むと「踏み倒す前提で複数社から借入しようとしているリスクの高い人」とジャッジされてしまう可能性があります。

一般的には3社申し込んだら半年はカードローンの審査が通らないと言われているので、心当たりがあれば半年は申し込みを控えましょう。

情報の信頼性がない

自宅の固定電話がない、免許証がない、地図で自宅住所が確認できない、会社の在籍確認が取れないなど、申込書の情報に信頼性がない場合も落とされます。つまり、虚偽の情報を記入して申し込んでも審査を通ることはほとんどありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です