転職・独立前に金利の低いカードローンを作っておく

転職・独立前に金利の低いカードローンを作っておく

カードローンの審査で重要視されるのは、勤続年数や正社員であることなどです。これが勤続年数が半年未満になってきたり、自営業になったとたんに、大きく審査上の評価はマイナス評価になり、審査が通らなくなってしまうのです。

転職前に金利の低い

カードローンの良い点は、借り入れをしなければ、費用が一切かからないことです。

つまり、転職をする前にカードローンを作っておけば、いざ転職して急にお金が必要になっても、すぐにコンビニで借りられるということなのです。

仮に、カードローンを持たずに転職してしまうと、いざお金が必要になっても、カードローンの審査に通らないということになりかねないのです。

特に、転職前なら金利の低い銀行カードローンで審査が通ったかもしれませんが、転職後は上限金利18%に近い金利で消費者金融カードローンを利用せざるを得ないことも往々にしてあるのです。

独立して、起業する方、個人事業を始める方こそ必要

カードローンでの自営業・社長の審査というのは、驚く程低いのです。派遣社員以下の信用になってしまいます。

これは、自営業や社長は会社の経営状態に収入が大きく左右されてしまうため、収入の変動が大きく、リスクが大きいと判断されてしまうからです。

独立や起業を考えている方ほど、会社に所属している段階でカードローンを保持しておくのが得策なのです。

途上与信で利用不可になることも

カードローンの場合は、借入時の初期与信だけでなく、途上与信と言う定期的に行われる審査があります。つまり、はじめは100万円の枠を設定してもらっていても、いつの間にか銀行や消費者金融の審査方法の変更や、借入状況の変更が加味されて、限度額が50万円に減っていた、新規の借り入れができなくなっていたということが起こりうるのです。

独立前、転職前に、大きな限度額を設定してもらっていても、安心できないのです。ただし、金融機関は在籍確認を途上与信で行うことはあまりないため、転職や起業の最新情報を把握することはあまりないのが現状です。借り入れなどが急に増えたなどの場合には、途上与信でひっかかる可能性が非常に高まります。

金利の低いカードローンランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です