在籍確認のミスでカードローンの審査に落ちる

在籍確認のミスでカードローンの審査に落ちる

カードローンの審査で重要なポイントに「在籍確認」というものがあります。この「在籍確認」がうまくいかなければカードローンの審査に通らないことになります。以外に自分が知らないうちに「在籍確認」が行われているケースもあるため、審査落ちの理由に心当たりがないという方でも、一度は疑ってみる必要があります。

なぜ、在籍確認が重要なのか?

カードローンを提供している銀行や消費者金融、クレジットカード会社が審査をする情報には2つの種類があります。

自社で証拠(裏付け)を把握できる確実な情報
  • 他社借入金額
  • 他社借入件数
  • 過去の返済遅延
  • 過去の債務整理や自己破産
  • NTTの固定電話の有無
  • 持ち家の登記情報
  • 氏名、年齢、住所
  • 会社の在籍の有無
自社では証拠(裏付け)を確認できない不確実な情報
  • 年収
  • 家族構成
  • 資金使途

です。

もちろん、重要視されるのは「証拠(裏付け)を把握できる確実な情報」の方なのです。そうでなければ、虚偽の申告情報を元に審査をすることも可能になってしまうからです。

(収入証明提出の必要がない場合)年収は確認できないが、在籍確認によって会社への在籍の有無は確認できるのです。

つまり

  • 年収1000万という申告で在籍確認ができない人よりも
  • 年収400万という申告で大手企業に在籍確認できた人の方が

圧倒的に審査の評価は高いのです。

年収は裏付けが確かめられないが、在籍確認よって企業の在籍の有無はほぼ確実に確認できる。在籍企業が裏付けを取れればある程度の年収レベルは把握できる。

ということなのです。そのため、在籍確認は自己申告の年収よりも重要視されています。

在籍確認ができないで審査落ちが発生するケース

  • 勤務先の会社の電話が料金未納などの理由で止められている
  • 勤務先の会社の電話に誰も出ない
  • 勤務先の会社の電話が転送設定されている
  • 勤務先の会社の人に「無断欠席している」と返答される
  • 勤務先の会社の人に「在籍していない」と返答される
  • 勤務先の会社の電話が携帯電話

などです。

これらに該当する可能性がある場合は、事前に対策をしておきましょう。正社員であれば特別になにもしなくても問題ないケースがほとんどですが派遣社員の場合は、事前に在籍確認の電話が来る旨を伝えておくなどの方法もあります。このときは正直にカードローンという必要はありません。「クレジットカードを作ったので」と言っておけば大丈夫だと思います。

在籍確認に不安がある方は、電話連絡がないカードローンを選ぶと良い

SMBCモビットの「WEB完結申込」というWEBだけで完結するカードローンの場合は、電話や郵送物がありません。

在籍確認の不備によって、審査が通らない不安があるという方は検討してみても良いのではないでしょうか。

SMBCモビットカードローン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です