カードローン増額の審査

カードローン増額の審査

カードローンの増額時の審査は、新規申込時と何か違いはあるのでしょうか。ここではカードローン増額の審査について解説します。

カードローン増額の審査は基本的には新規申込と同じ

カードローンの「枠」を増やしてもらうための審査も、基本的には新規申込時と同じ項目を審査されます。

  • 他社借入件数
  • 他社借入総額
  • 属性
  • 勤続年数
  • 個人信用情報

など

新規の申込時と同様に、増額依頼時点での信用情報や属性をチェックされるのです。

重要視される直近の借り入れ状況

その中でも重要とされるのが増額依頼の直近の借入、返済状況です。

  • 増額依頼直前の半年間で新しい借入が増えていないか?
  • 増額依頼直前の半年間で他社のカードローン申込をしていないか?
  • 増額依頼直前の半年間で返済遅延がないか?

この3つの項目が重要視されます。

半年間の間、どこからの借入もせずに返済をきちんとしていた実績があれば、増額の審査が通りやすいと言えるのです。

増額の審査では増額の目的も重要

増額する目的。資金用途も重要になってきます。

一時的に増額をしたい場合

結婚式の費用や急な入院費など、一時的に支出が増加してしまう場合、増額も一時的で良いという場合は審査は通りやすくなります。一時的な枠の増額はカードローン会社のリスクも少ないようです。また、銀行の場合、このような増額依頼への対応に柔軟性がない場合が多いのですが、消費者金融であれば状況に応じて増額を受け入れてくれる可能性が高くなります。

借り換え目的で増額をしたい場合

借り換え目的で増額をする場合も、総借入額が増えないので審査に通る可能性が高くなります。借り換えであれば全体の借入総額は増えないのでカードローン会社にとってはリスクは少ないと言えます。

恒久的に増額をしたい場合

恒久的に増額をしたいというケースは、生活費など慢性的な資金不足に陥っている可能性が高くなります。この場合は、増額の審査に通るのは厳しいと言えるでしょう。別のカードローンを検討した方が早い可能性が高いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です